歌姫「降板」から知るオペラ開幕までの舞台裏|経速ナビ

2017年10月21日

歌姫「降板」から知るオペラ開幕までの舞台裏

1: 名無しさん 2017年10月21日 11:00:00 ID:0.net

歌姫「降板」から知るオペラ開幕までの舞台裏
(全3枚)

日本のプロ野球がクライマックスシリーズで盛り上がる一方、欧米では9月より10月にかけてオペラシーズンが開幕を迎えています。

どの劇場でも、オープニングの演目は注目の的。例えば、メトロポリタン・オペラ(MET)の初日は、会場にレッドカーペットが敷かれ、どんなゲストが来場するかをテレビが貼り付いて中継。タイムズ・スクエアでも上演が放映されます。今年の演目はベッリーニ作曲「ノルマ」で、10月7日に幕を開けました。

秋にはじまるオペラのシーズンは、翌年の初夏まで続き、夏は3か月休むというスケジュールで繰り返します。では、有名歌劇場のオペラのキャストは大体いつごろ決まるものなのでしょうか。

話題の歌姫が役を辞退

通常、どのオペラ・ハウスも翌シーズン演目を前年の4月頃に発表します。つまり、2017年秋〜2018年春の演目は、2016年の春に発表。その時点で、指揮者、演出家、キャストは決まっています。演目によって必要な人材は異なりますので、実際には3〜4年前にメイン・キャストは決まっているものと言っていいでしょう。

今回METがオープニングの演目に選んだ「ノルマ」のノルマ役は、伝説のオペラ歌手、マリア・カラスが当たり役とした役のひとつで、とにかく歌唱が難しく、世界でもこの役を歌えるソプラノ歌手は数えるほどしかいない難役です。

2016年春、METオープニング演目が発表された際には、今もっとも旬の歌姫、アンナ・ネトレプコがノルマ役に挑戦する、ということで話題が持ちきりになりました。しかし、前述の通りノルマは誰もが歌える役ではありません。発表から半年後、彼女は、「私にはノルマは歌えない」と役を降りてしまいました。


歌姫「降板」から知るオペラ開幕までの舞台裏

アンナ・ネトレプコ(PhotobyGettyImages)

オペラ歌手は、自分の肉体のぎりぎりのところで歌を歌っており、自分で「歌えないものは歌えない」とわかるものです。必ず失敗するとわかって歌っては、その後の仕事にも影響します。ネトレプコは妥当な判断をしたと言えるでしょう。

世界の歌劇場でプリマドンナの譲り合い

しかし、大変なのは世界中の歌劇場です。有名な歌劇場で主演を飾れるプリマドンナは数えるほどしかいません。ネトレプコもMETだけで歌うわけではありません。彼女のノルマ役デビュー見越して、METの後には英国ロイヤル・オペラ・ハウスが彼女で「ノルマ」の上演を決めていました。しかし、当然これもキャンセルとなります。

オペラは数年にわたってセットを使い続けることが多いのですが、年にいくつかの演目は新しいセット、新しい演出に入れ替えます。これを新プロダクションといいます。METの「ノルマ」は新プロダクションで、美術セットや大道具、衣装もそのために新しく作りはじめています。演出家や指揮者、他の役は決まっており、いくらプリマドンナとはいえ、ネトレプコに合わせて演目を変更することはできません。

というわけで、4年前から決まっていたはずのプリマドンナのキャストを変更することになりました。しかし、数えるほどしかいないプリマドンナの予定は、とうの昔にいっぱいです。

そこで、まずウィーン国立歌劇場がオープニング用に確保していたプリマドンナ、サンドラ・ラドヴァノフスキーをMETに譲りました。サンドラはノルマが歌えるからです。そして、ネトレプコがサンドラの代わりを務めることになりました。ウィーンの演目は「トロヴァトーレ」で、この主役はネトレプコも歌えるからです。

続いて、METは「ラ・ボエーム」のミミ役で2016〜17シーズンに確保していたソーニャ・ヨンチェヴァを手放し、彼女はその空いた時間でノルマ役の勉強をして、2017〜18シーズンのロイヤル・オペラ・ハウスにノルマ役でデビューすることになりました。

空いてしまったMETのミミ役はアイリーン・ペレスに。きっとペレスも他の仕事が決まっていたはずなので、またそこでも玉突きのキャスト人事が行われたことでしょう。

「ソプラノ」にも種類がある

しかし、そもそもなぜネトレプコが、ノルマ役を歌えなかったのか?ソプラノ歌手なのにソプラノ役が歌えないのか、と思われるかもしれませんが、ひとくくりにソプラノと言っても実は細かく分かれていて、声質によってできる役も異なります。ここではわかりやすくシンプルに、4種類を説明しましょう。

コロラトゥーラ・ソプラノ
最も高い声を要求されるソプラノ。高いドの上のファの音まで奇麗に歌えることと、細かい音符が繋がった早いパッセージを歌う「アジリタ」と言われるテクニックが求められます。「魔笛」の夜の女王役などが代表的。

レッジェーロ・ソプラノ
声の軽やかさが大事。高いミの音までを奇麗に歌うことが求められます。アジリタの高い技術力も必要です。代表的なのは、「ルチア」のルチア役や「フィガロの結婚」でフィガロと結婚する小間使いのスザンナ役など。

リリック・ソプラノ
レッジェーロよりも少し重く、美しく流れる声が求められ、椿姫や蝶々夫人などの有名オペラの主人公はこの声が多いです。リリック・ソプラノの中にも高め(高いドの上のミのフラットまで歌える)と低め(上のドの上のレまで歌える)があります。

ドラマティック・ソプラノ
この声は豊かさと大きさが求められます。高いドまで歌えれば大丈夫ですが、五線譜の中にある音符は低い音でもきちんと鳴らせる豊かな中音域も肝心です。ワーグナー作曲のオペラのソプラノ役や、アイーダなどが代表的な役です。

役が務まるかは「半音」の違い

お気づきでしょうか。最高音はたったの”一音や半音の違い”なのです。しかし、一音異なるだけで、得意な音域や音の色合いは異なるので、まったく違う音楽が作曲され、結果まったく違う音楽が聞こえるものです。もちろん人によって守備範囲が広い狭いはありますが、一番得意な領域はだいたい決まっています。ちなみに私は低めのリリックからドラマティックのソプラノで、絶対に夜の女王なんて歌えません。

声には、もうひとつ変化の要素があります。人の声は、歳とともに体が変わっていくことで変わっていきます。声帯が成長しきるのはだいたい30歳。それまでは声はどうしても若くて未成熟です。その後、高い声のほうが早めにピークを迎え、次第に低い声がピークを迎えていきます。一般的には年とともに、重くなり、より落ち着いた声に変ってくと言われています。ですから、歳によってできる役も変わっていきます。


歌姫「降板」から知るオペラ開幕までの舞台裏

2007年、ベルリン国立歌劇場でマスネ作曲の「マノン」に出演したネトレプコ(PhotobyGettyImages)

さて、ノルマ役がなぜ難しいかといいますと、ドラマティックなソプラノが得意とするような低い声での力強い表現と、レッジェーロ・ソプラノが得意とするような高い声で技巧的に細かい音符を歌いまわすテクニックが両方必要とされるからなのです。両立できる人はほとんどいません。

ネトレプコはそもそも、高めの声の役で世の中に出てきた人でした。その後年を重ね、中・低音域が充実してきたところでノルマに挑戦したかったのでしょう。実際、世界に数人しかいないノルマの歌い手も、彼女と同じような声の変遷を経た歌手たちが多いのです。しかし、高い声とテクニックを失わずに、低い声を充実させることは誰もができることではありません。ネトレプコのような技術力の高いスター歌手であっても、できないこともあったわけです。

声という楽器は、他の楽器と異なり、声帯そのものが楽器で、取り換えることができません。どんなに上手な歌手でも、生まれ持った声があり、何でも好きな役をできるものではないのです。また、昔歌えた役が今でも歌えるとも限りません。その時歌える役は本当に少ないその時だけの貴重なものです。

ソプラノ歌手を聞くときには、この歌手は今、どんな声なのかを考えながら聴いていただけるとより楽しんでいただけるのではないかと思います。
名前 :
http://keisoku-navi.com/